トップページ > 全身脱毛事情 >  医療脱毛できる部位と痛み

医療脱毛できる部位と痛み

脱毛部位

医療レーザー脱毛は全身どこでも脱毛が可能です。


・顔
ひたい 眉間 ホホ 口まわり フェイスライン 首

・身体
うなじ 背中 お尻 お腹 ワキ 胸 乳輪 

・手
ひじ上 ひじ下 手の甲 指

・脚
太もも ふくらはぎ 足の甲 足の指

・デリケートゾーン
Vライン Iライン(Vライン奥) Oライン(肛門周り)


しかし、機械によって得手不得手な部位もあるため、デリケートゾーンや全身脱毛、顔の脱毛などをやっていないクリニックもあります。

毛質との相性もありますので数種類の脱毛の機械をそろえているクリニックを選びたいところですよね。

全身脱毛を受ける場合の注意点

全身脱毛

全身脱毛を希望する場合は必ず全身脱毛の料金設定があるクリニックでカウンセリングを受けるようにしましょう。

全身脱毛と言っても上記の部位のうち一部含まないといったクリニックもあります。また部位によっては(Vラインなど)脱毛ではなく減毛で処理したいなどといった希望を聞いてくれるクリニックもありますので、実際クリニックに足を運んで、カウンセリングを受けるのが確実です。

カウンセリングを受けてしっかりと納得したうえで全身脱毛を受けるようにしましょう。

逆にカウンセリングを受けずに全身脱毛の施術を受けるのは避けましょう。自分の毛質にあった機械なのかどうなのかもわからず、料金だけで選ぶのは非常に危険だし、お金の無駄にもなりかねません。

このページのトップへ↑

医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛の痛みは、痛いと言う人もいれば全く痛くないという人もおり、個人差があります。一つ言えるのは、医療レーザー脱毛の前に主流だった電気(針)脱毛の痛みに比べると、痛みは軽減されているということです。

また、今では医療レーザー脱毛の機械も進化しているので、早く広範囲が脱毛できて、痛みをあまり感じない機械もでてきています。

自分は痛みに弱いタイプだということであれば、麻酔クリームなどを使ってくれるクリニックを選びたいところです。

黒い部分に反応するレーザー脱毛、デリケートゾーンなどは他の部位に比べると痛みが増すと言われています。

特に脱毛施術は1度では終わらないので、トライアルやテスト照射などを利用して痛みを確認しておきましょう。

このページのトップへ↑