トップページ > 全身脱毛事情 >  クリニックの医療脱毛

クリニックの医療脱毛

医療レーザー脱毛

最近は脱毛の主流となっているレーザー。今でこそ脱毛で活躍していますが、もともとはシミやあざ、ホクロなどの治療に使われてきました。

医療用レーザーが脱毛に使われるきっかけになったのはアメリカのハーバード大学での治療だったそうで、あざの治療のためにレーザーを使用していたら、あざがなくなるだけでなく、その部分にはえていた毛もなくなったというのです。

皮膚の治療に使われていたものから、脱毛に使われるようになったのですが、さらに、ハーバード大学が研究を重ねて、皮膚にダメージを与えずに、毛根だけを感知して破壊できるよう医療レーザーを開発したのです。

レーザーは、濃い色の部分にレーザーの光るをあてることで色素を分解して治療していました。脱毛の場合は毛根の周りの色素に反応して熱を与えて破壊します。

レーザー脱毛器が出来上がる前は、電気針で脱毛をしていました。電気針は、針を毛穴のひとつひとつに刺して電流を流し、毛根を破壊していくという方法ですが、これは痛みもありますし、時間もかなりかかります。

それに比べて、短時間で行為範囲の脱毛ができるレーザー脱毛機はとても画期的な開発だったのです。また痛みが少ないというのも大きなメリットだったわけです。

しかし、アメリカ人の肌や毛は色素が薄い人が多く欧米人を対象としたレーザーは日本人には合わずに、そのまま日本で導入するという訳にはいかなかったそうです。

そこで日本人に合うように研究開発された機械がアレキサンドライトレーザーなのですが、歴史はそれほど長くありません。現在、脱毛レーザー機器はどんどん研究されて、最新のレーザー機器が開発されています。

医療レーザー脱毛の原理

医療レーザー脱毛

レーザー光というのは、特定の色に反応するという性質を持っています。たとえば、赤い色だけに反応したり、青い色だけに反応したり。そして、黒い色にだけ反応したり。

皮膚の内側のメラニン色素は、見えないけれど黒い色をしていて、レーザーを当てると、レーザー光を吸収してメラニンの部分にだけ熱が発生します。その熱でメラニン色素が分解されてホクロやシミなどを治療しているのです。メラニンにだけ反応するので、熱が発生するといっても、熱さを感じるわけではありません。

医療用のレーザー脱毛も、この皮膚治療と同じ原理となっており、黒い色にのみ、反応するようになっています。

メラニン色素といったような黒い色にのみ反応して、その他には反応しません。ですから、。皮膚のやけどなどの心配はないんですね。

レーザー光を脱毛したいところに当てることで、毛根と毛乳頭のメラニン色素に反応します。メラニン色素に熱が吸収されて、毛根やその周りの細胞を壊してしまうのです。毛穴の中の根本の部分を機能しなくしてしまうため、そこからは毛が生えてくることはなくなり、永久脱毛ができるという訳です。

メラニン色素の黒い色にしか反応しないという原理や光は拡散しないという特徴から、。レーザー脱毛は皮膚に優しくそして楽に脱毛ができるということですね。

電気針とは違い、痛みもほとんどない(個人差があります)ので、これからもっとどんどん進化していってくれるとうれしいですね。

このページのトップへ↑

医療レーザー脱毛の機械

アメリカで開発されたレーザーですが、一番初めのレーザーはルビーレーザーといいます。

その名の通り、ルビーの結晶からの赤い色の人工的な光線を使用します。欧米人というのは、皮膚の色素が薄くて体毛が濃いという人が多いので、このルビーレーザーが開発されたわけです。

しかし、日本人の肌や毛は、欧米人と違います。日本人は、欧米人に比べて色素が濃いめです。ルビーレーザーではその肌の色素に反応してしまい、やけどをおこしてしまう可能性があるため、肌の色素の濃い日本人の肌にはむきませんでした。

ただ、むかないというのは脱毛だけであって、日本でも、黒あざや茶あざ、ホクロやシミなどには使用されていて、かなりの効果を発揮しているそうです。

日本人に合うように研究開発された脱毛できるレーザーというのが、アレキサンドライトレーザーです。

アレキサンドライトレーザーは日本人などの有色人種にはぴったりで、レーザーを当てる前に冷却ガスが出てきて、痛みや炎症などを抑えてくれる効果があるものなどがあります。

その後、レーザーも研究され、新しいものもどんどんでてきています。半導体レーザー、ヤグレーザーのほかにも、ダイオードレーザーや、スーパーオーロラ、ロングパルスヤグレーザーなどなど、安全性も効果もしっかりと確認されているので安心です。

クリニックを選ぶときは、レーザー脱毛の機種をたくさん揃えているクリニックの方が、その人の毛質や肌質に合わせていろいろなレーザーから選べるのでより安心ですね。

このページのトップへ↑

医療レーザー脱毛は肌が弱くても安心

医療レーザー脱毛

肌が弱いと、スキンケアだったり日常生活だったり、いろいろな場面で気を使いますよね。

敏感肌だったり、アトピーだったり、脱毛にはあまり向かないような肌質などでも、レーザー脱毛なら大丈夫なのです。

医療用レーザー脱毛は、レーザーの光がメラニン色素だけに反応するようになっています。ですから皮膚には反応せずに皮膚を通り過ごして、毛根、毛乳頭のメラニン色素に反応して、熱を発し、その周りの細胞を破壊します。破壊されることで、そこからは毛が生えてこなくなり、永久脱毛が可能です。

つまり、医療レーザー脱毛は、皮膚には何のダメージも与えないので、肌が弱いと言う人にも安心なのですね。

最近では、肌のスキンケアをしながら脱毛ができるレーザー脱毛機器もあるので、肌が弱い人こそ、医療レーザー脱毛がおすすめです。

無料でメール相談やカウンセリングを行っているクリニックも多いので、どんどん利用してみましょう。

このページのトップへ↑