トップページ > 全身脱毛事情 >  エステでの脱毛

エステでの脱毛

エステでの脱毛

近年のエステサロンでは、脱毛専門のエステサロンも増えて、まずはお試しでワキ脱毛もしくはお好きな部位を1か所ということで低料金で受けられるところが増えています。

初回お試しで安く施術を受けられるのはクリニックも同様です。もちろん、医療脱毛とエステサロンの出力が弱い光脱毛などでは効果が違うのですが、費用面などで大きな違いがでてくるエステサロンも。

最初から部位ごとの料金設定がされているところなどは費用がわかりやすいのですが(クリニックは各部位ごとに明記されています。)、料金設定がされておらず、体験した段階で料金をお知らせするといったところはまず勧誘がきついと思った方がいいかもしれませんね。

そういったサロンのすべてが適正価格ではないというわけではないのですが、いまだに施術とは別に高額な化粧品を売りつけてくるエステサロンもあるという話を聞いています。勧誘されたら断れないと言う方は、クリニックで脱毛をおすすめします。

エステでの脱毛

エステでの脱毛

カミソリや毛抜き、脱毛クリームに脱毛ワックスなど、自分で自宅で出来る脱毛方法はいろいろありますが、自分でやるのが面倒だったり、自己処理は肌への負担が大きいことなどから、エステサロンなどで脱毛する人も増えてきています。

医療脱毛はかなり浸透していますが、脱毛はサロンで受けるものと思ってる人や、クリニックに通うよりはエステサロンの方が敷居が低いし・・・と思ってる人も多いようですね。

エステサロンでは、どんな脱毛をしているのでしょうか。自己処理でも使われている脱毛クリーム、脱毛ワックスは、エステサロンでも昔から行われている方法です。

エステサロンでは、アロエエキスなど、肌に優しい成分を配合したものを使っています。しかし、その配合などはエステサロンによって様々です。

クリームを塗って毛を溶かしたり、ワックスを塗って毛を引き抜くというのは、エステサロンも自己処理でも同じです。ですから、エステサロンとは言え、肌に刺激があり、肌が荒れたり、腫れたりする危険性はないとは言えません。

ちょっと前に主流だったエステサロンの脱毛法は、医療用のレーザー脱毛とは少し違う、ブレンド法といわれる方法です。ブレンド法というのは、毛穴のひとつひとつに、毛乳頭というところまで針をさし込み、同時に直流電流と高周波電流を流して、少しづつ毛根を壊していくという、電気針脱毛法の1つです。

エステサロンで使われているブレンド法のレーザー脱毛は、医療機器で行うレーザーとは違うものです。またここ最近では様々な種類の光脱毛などで行うエステサロンが増えていますが、こちらも医療機関で扱える機械ではありません。

自宅で自己処理を行うよりは効果的な方法ではありますが、もちろんリスクもあります。そのことはしっかりと知っておいたほうがいいでしょう。

エステサロンの脱毛の中には、細菌感染や肌の炎症、色素沈着などの危険があるものもあります。クリニックなどで行われる医療脱毛の場合は、何かトラブルが起こった場合には、しっかりとその場で対応をしてくれるという安心感がありますが、エステサロンでは、すぐに対応できないトラブルなどがおこってしまう可能性もないとは言えません。

医療用のレーザーは、専門的な医療機器の知識がある人しか使用できないことになっています。もしもの時のトラブルなどを考えると、クリニックでのレーザー脱毛のほうが安心感がありますね。

(どうしてもエステサロンで脱毛を考える場合は、医療機関と提携しているようなサロンを選ぶと安心です。)

このページのトップへ↑

進化したエステの脱毛

大手のエステティックミスパリなど、まだまだ電気脱毛を行っているエステサロンもありますが、痛みが少ない光脱毛を行うエステサロンも増えています。

エステサロンの機械もどんどん進化してドクタータカハシ開発のP-NAINというエステサロンで使用できる光脱毛機などもあります。発売当初はこの機械を採用しているエステサロンの料金は高いなと思っていましたが、今現在ではさほど高くない料金設定になっていました。

しかし、評判などを調べてみるとやはり医療脱毛に比べると効果は低いようですね。(現在、ドクタータカハシが逮捕され、P-NAINを使うエステサロンも減っているかと思われます。)

今後もどんどん、こういった高性能の脱毛機は開発されていくと思いますが、脱毛の効果を考えるならやはり医療脱毛をおすすめします。

このページのトップへ↑