トップページ > 全身脱毛事情 >  脱毛の習慣

脱毛の習慣

毛は何のために

ムダ毛処理とよく言われますが、毛は何のために生えているのかあまり気にしませんよね。

髪の毛は頭を衝撃や日差しから守ってくれる働きをしています。もし髪の毛が生えていなかったら、日差しが直接頭に感じるので、とても暑く感じてしまいます。

まつげやまゆ毛などの目の周りにはえている毛は、目にゴミが入ったり汗が入ったりするのを防いでくれる働きがあります。

鼻からはみ出していると抜いたり、そったり、切ったりする鼻毛ですが、鼻毛にだってもちろん役割はあります。ごみやほこりを吸いこんでしまわないために鼻毛はあるのです。

手足などの毛は体温調節効果や、強い日差しから肌を守ってくれる効果、発汗をスムーズに行える効果があります。また、ワキ毛はムダ毛の代表格ですが、ワキの毛だって、体温を調節したり、分泌作用があったり、皮膚と皮膚がこすれあってしまうのを防いでくれるためにあるのです。

本来、毛が濃く生えている部分というのは特に人間の大切な部分で、そこを守ろうとすることから毛が多く生えるので、ムダな毛なんてないはずなんですが、近年、ツルツル肌が流行して、身体の毛はあたかもじゃまな毛のように言われることが多いのはちょっとさびしい話です。

なぜ脱毛するのか

なぜ脱毛するの

脱毛はとても面倒なものです。それでもみんな脱毛をします。どうして脱毛をするのでしょう。

体にはえている毛は全て、肌を守ったり、体温調節をしていて、ムダな体毛なんてないはずなのにそれでもみんな脱毛をします。今はそれがマナーのひとつになってるようなところもあるのでやむをえないかも知れません。

しかし中には体毛の悩みを抱えている人もいます。女性の場合は特に多いかもしれませんね。

何気なく言われた「毛深い」という一言に深く傷ついたり、コンプレックスを持ってしまうと、ノースリーブや水着やミニスカートなど、肌を露出するものを着るのが怖くなってしまうことも。

女性は、ワキ毛だけでなく、手足の毛もツルツルにしておきたいもの。夏場は露出が多くなるので、特に脱毛に気を使います。

体毛が濃いことをコンプレックスに思っている人は、脱毛をすることでそれを取り除き自信を取り戻すことも可能です。

体毛の濃さに個人差がなければ、脱毛をすることもなかったかも知れませんが、顔と同じように体毛の濃さにも個人差があるために、他人と違うことを気にして脱毛する人も多いわけです。

脱毛することでコンプレックスが解消されるなら、した方が断然いいわけですが、自分が気にしているほど毛深くないと言う人も多いので、専門医と相談してみるのもおすすめです。

このページのトップへ↑

男性も脱毛する時代

レーザー脱毛が日本で正式に認められてからまだ十年ちょっと。

その前はここまで脱毛が盛んでなかったものですが、近年、男性も脱毛するという人が増えています。なんとも時代の流れなんでしょうね。

針脱毛だと時間もお金もかかるし、かなりの痛みもあったのが、レーザー脱毛が導入されたことによって痛みも軽減され時間もお金もかからなくなったのも、男性が脱毛するようになった理由のひとつです

以前は、体毛やひげは、男らしさの表れでもあったように思えますが、今は単純にそういう訳にもいかないようなのです。

世間の流れ的に、草食系男子などといった、さわやかで清潔な感じが好まれていることから、ひげや体毛の濃い男性は、女性に嫌われたくないという理由から、あるいは会社の入社試験などのときに、さわやかなアピールがしたいなどの理由で、脱毛をするという男性が増加しています。

男性も女性も毛深いことが好まれない時代なのですよね。

また、男性の場合、毎朝のヒゲそりも大変なのでこれがなくなるだけでも随分時間を有効に使えますし、ヒゲが濃いこと(俗に言う青ヒゲ)で第一印象でよく見られない場合もあるので、ヒゲ脱毛は特に人気があります。ヒゲを薄くしたりなくしたりするだけでなくデザイン脱毛もできるのがいいですよね。

女性だけでなく、男性もフェイシャルや痩身など自分磨きをするのが主流になっていますが、あと数十年後にはどうなってるのか気になるところです。

このページのトップへ↑